Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 ヌキテパ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: 自転車競技  

堕落か それとも進化か

IMG_9644-001.jpg
photo : CYCLINGTIPS

このブログで自転車の話題を取り上げるのは珍しい事。
と言うか、ものすごく久々のことです。

上の写真の自転車、みなさんはどう見えますか。
まあ今どきのカーボン製のロード競技車ですよね。

ところがこれには大きな仕掛けが組み込まれているのです。
「隠しモーター」 つまりママチャリで一般的に知られている電動アシスト装置です。

昨日、これに関するニュースを耳にして、まさに腰が抜ける思いでした。
自転車好きとして、「自転車競技の歴史はドーピングの歴史」 そんなことは百も承知です。

「機材ドーピング」? ついに来たか、この時が。
もう30年近く前のことでしょうか、世に「ヤマハ・パス」なる電動アシスト自転車が登場したのは。

これからしばらくして「ケイリンパス」と言う自転車が出たのを
みなさんはご存知でしたでしょうか。

このマシンは、それそのものを使って競走するための物ではありません。
ケイリン競技の先頭誘導用として開発されたものでした。

当時発表されたスペックには
「特別な訓練することなく時速60km以上を出すことができる」 というもの。

個人的な当時の感想は「なるほどね」って感じでした。
まあこういうのもアリかなと言う感じ。 特定用途だし。

しかし、その後に進化を遂げて、まさか世界最高峰の自転車レースで使われるとは。
(ヤマハのパスはこの度の報道とは無関係です)

自らも、若い時分は自転車競技経験者の端くれです。その立場から言いましょう!
「もはや自転車競技はモータースポーツと化した」

ああ、なんと嘆かわしい事でしょう。
リアルスポーツとしての誇りはどこへ行ってしまったのでしょう。

でも実をいうと、とても興味深い事でもあるのです。
それは、自転車をメカニズムとしてとらえた場合です。


kurbel_mit_motor_gradient_gro-001.jpg
photo : CYCLINGTIPS

フレームを構成するシートチューブ(縦パイプ)下部に仕込まれた小型モーターユニット。
これでギヤクランクを駆動する。しかも出力はライダーのハートレートなどと連動。

何というハイメカ。 なんと素晴らしいインチキ(じゃなくて)^^;
自転車はついに真の自転車となった。

だって、自転車そのものが自分で回転する車なんだから。
でもカンパやシマノが関わってなくて良かった。

そうなったら自転車ファンを辞めなければならない。
でも「(隠し)モーターファン」なんてイヤだ! ^^

スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08   10

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード