Archive RSS Login

エヌエフ43製作室2017 プランソレイユ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: 模型製作  

遊び道具のあるべき姿

IMG_0251.jpg

計器盤が出来た。

しかし・・・ 出来たと言えるほどのモノでなし。
でっち上げたと言うのが正解^^;

実機ではさらに小さい計器があと7個は付いているようだが・・・
そんなの出来るはずがない。 だから潔く省略^^

IMG_0252.jpg

腰掛と操縦桿、そしてヘッドレスト。
なんだかとてもレトロ感が漂う感じ。

ちなみに、これらの形状・色ともにほとんどフィクション。
絶対に参考にならないので・・・ 悪しからず。

IMG_0271.jpg

こういうところを見ていると、自動車もヒコーキも変わらんもんだな。
丸いハンドルと棒ハンドルの違いだけじゃない。

それにしても、昔の人の我慢強さに感心してしまう。
ここに乗り込んで700㎞/hとは・・・  ああおっそろし(*゚Q゚*)

IMG_0275.jpg

ちなみに、実機ではこんな感じでスクリーンは開閉。
もちろん当製作室のミニチュアはそんなパフォーマンスに走りません。(走れません^^;)

というのもボクの趣味に理由がある。
ヒコーキの模型は手で持って遊ぶための物。

出来上がったプラモを手に持って、飛行シーンを楽しむ常識。(子供か!)
それをやるには飛行状態じゃないと困る。

そういった意味で水上機は最高!
飛んでいる時と停まっている時のカッコに違いがない。(違うのもあるけど)

ゼロ戦だとそうは行かないからね。
とにかく、そんな理由で風防は飛行状態しかあり得ないのだ^^

スポンサーサイト


こんばんは。 
分かるなぁ。
やっぱり手に持って「ブーン」とやらないと。

ミニカーはいつの頃からやらなくなりましたが、
飛行機は子供の頃から変わらないです。

少し前のコーヒーのおまけの零戦シリーズ、
スタンドを簡単に外せるので良いんですよね。

ちなみに私は紅の豚の飛行機も好きです。
とむさんへ 
おはようございます。
そうそう、全くその通り。手で持ってブーンです^^;
ミニカーはプルバック動力遊び(だいぶオトナになってからですが^^;)が楽しい。
そういえば先日『紅の豚』TV放映してましたね。ちょっとだけ観てたら、この機と同じようなのが出てましたね。
言われてみれば! 
確かにこの当時の飛行機の構造材もそうですが、簡単な風防で700キロ以上出していたとはねぇ!
パイロットには頭下がります!
こいでさんへ 
こんばんは。
考えてみると、クルマでもヒコーキでもスピードに挑戦する人々はとんでもなく命知らずですよね。
ヘンな人の競い合いだからこそ見ている側も楽しいのかも^^

LEAVE
'A'
COMMENT






11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード