Archive RSS Login

エヌエフ43製作室2017 セフィニ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: 模型製作  

狼少年の叫び声

PC092629.jpg

ステアリングホイールを作る。

作ると言いつつ、実はいつもとちょっと違って・・・・
スポーク部分はキットのエッチングを使用。

グリップ部はいつものように自作のリング使用。
しかし、キットの部品はまるでロストワックス製のような・・・

そんな立派な部品を放棄してしまうなんて・・・
だって、サイズが気に入らないんだもん。(ビミョーに^^)

PC182705.jpg

さ、ここからが本番。
このハンドルに付くウォーニングランプみたいなヤツ。

このアルミのカケラから頑張ろう!
カケラと言っても、これも頑張って作ったのです。

PC182709.jpg

ウォーニングランプと言えば・・・
昔乗っていた愛車(輸入車)でハラハラした事がある。

新車で買って、1ヶ月もしないあるときだった。
信号待ちで停止するとき、当然のようにクラッチを切る。

すると、エンジンがストんと止まる。
一瞬、「あわわわ!」と焦る。

今まで乗っていた国産車じゃ経験したことない(ありえない)ことだし。
そして、さらなる恐怖が襲う。

ひとつのウォーニングランプ(警告灯)が点灯している。
エンジンを表す図形に、/のような斜線で打ち消してあるようなマーク。

その表示に焦りつつも、なんとか再始動できたのでホッ。
しかし次の日にも同様の事態に見舞われる。

取り扱い説明書にじっくり目を通す。
するとそこには・・・ 先ほどのウォーニングランプの説明が。

これ(ダイアグノーシス)が点灯した場合、直ぐにディーラーで点検を・・・と。
それを読んで、またまた冷や汗。

でもいくら途中でエンストしても、再始動はできる。
相変わらず例のウォーニングランプは点く。

とにかく、不安である事は間違いない。
数日後、ディーラーに問い合わせてみる。

「あそこをああして見て」とか「ここをこうして見て」とか・・・
一応言われた通りにしてみた。

しかし一向に解決しない様子。
そのうちに、何となくこの事態にも焦ることがなくなって来た。

さらに一月くらい経っただろうか、
気にもならなくなったころに自然治癒。

PC182711.jpg

その後、約20年間そいつと運命を供にしたが、
問題となる深刻な事態は、なかったような。

ただ、「ダイアグノーシス警告」以外に、ほかの警告灯の点灯は数知れず。
国産車じゃ見た事もない(知らずに済んだ?)やつばかり。

そのうち、このスリリングな事態こそ輸入車の味わい・・・
そんな風に思えるのに、どれくらい掛かっただろうか^^
スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09   11

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード