Archive RSS Login

エヌエフ43製作室2017 セフィニ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: 模型製作  

太陽は燃えるから好きなのさ~♪

P9161650-001.jpg

取付けを待つスイッチ類たち。

少々粗雑な感じがしなくもないが、そこは1/43スケールのこと。
なにとぞお赦しを^^;

P9171660.jpg

パチパチしてオンオフを切り替えるスイッチ。
いわゆるスナップスイッチと言うヤツ。

子供のころ、何故かこれが大好きだった。
あのパチッというかカチッというのか、軽快な操作音。

小学校高学年のころからなぜかラジオに興味を持った。
今じゃ化石化してしまったが、当時「鉱石ラジオ」なるものあった。

その姿はまったくオモチャ然としていて、駄菓子屋でも買える様なものである。
不思議なことに、電源どころか電池も要らない。

壁に張られているトタン板や雨といに、
ラジオから繋がった線の先のクリップを挟むだけ。

そして一方から出たイヤホンを耳に入れ、
あとはアンテナのような形のチューニング棒を出し入れして選局。

するとアラ不思議。 ちゃんとAMラジオ放送が聞こえてくる。
小さな小さな音だが十分に内容は聞き取れる。

P9171661.jpg

そんなオモチャみたいなヤツで覚えたラジオ放送。
なぜかすっかりはまり込んでしまう。

中学生の頃は完全なるラジオ番組ファンである。
当時の中学生の多くはみんなそうだったと思う。

とくに深夜放送は勉強そっちのけで聞き入っていた。
単に面白いだけでなく、エッチな話にワクワクしながら^^;

云うまでも無く、もはや鉱石ラジオじゃ物足りない。
本当の(ホンモノの?)ラジオが欲しくなるのは当然。

そこでポケットラジオを手に入れる。
1,000円足らずで買える小さなやつ。

まずいことにこれが意外とダメ。直ぐに壊れてしまう。
大事に使っていてもさほど長持ちしてくれない。

P9171666.jpg

そこでねらいを定めたのが・・・ ナショナル・ワールドボーイGX
3バンドのラジオであるが、当時としてはかなりの高級モデルだったと思う。

価格はたしか・・・ 一万円超え。 今思ってもとんでもない高級品である。
当然自分では買えっこない。

かなりしつこく親に頼み込む。
なぜか想定していたよりも短期間に口説き落とす事に成功。

ワクワク気分で手にしたワールドボーイGX。
それに装備されていたのがスナップスイッチだったのである。

パチッ! 電源オンのその単純な操作に心ときめいた。
だって、安いラジオはボリュームと電源SWが同じ。

ボリュームノブを左に回して電源切。
右に回して電源入。 つまり音のミニマム状態でスタート。

ところがワールドボーイGXは違う!
スナップスイッチをパチッとONにすれば・・・

所定の音量でバッチリスタート!
これがうれしくてうれしくて仕方なかった。

あれ?なにだらだら書いてるのだろ。
スイッチひとつでここまで引っ張って・・・

いまだに少年時代懐古趣味。
そんなエヌエフをお赦しあれ^^;


スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09   11

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード