Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 ビヤンスュール

1/43カーモデル製作人のひとり言

 
Category: らくがき  

あースッとした(仮)

20411.jpg

昨年、吉永小百合さんの映画を観に行ったとき、予告編でこの映画を知りました。少年時代は戦車大好きだったので、こんな映画はとても楽しみ。なにしろホンモノのタイガーⅠ型の走行シーンが見られるなんて、小学校時代からの謎が一気に解けるような気がして興味津々です。そんなワクワク感で、これまた珍しく夜遅い上映回での鑑賞。まあこの手の映画は今時流行らないのか、一日一回のみでしかも夜九時から。気付いた時は16日で終わりということで仕方なく出かけました。
※今回は思いっきりけなすと供にネタバレさせるので、このあと鑑賞予定のある方は以下を読まないで下さい。

しかし歓び勇んで出かけたんですけど、観ているうちにどんどんテンション下がるんです。実物のM4戦車がじっくり拝めるのはうれしいんですけどね。何と言えばいいのか、とにかく暗い・思い・グロい。そんな感じなんですよね。ま戦争映画なのでそれは仕方ないのか知れません。主役のブラット・ピットなんですが、この人がとにかく変。つまり変人。しかもどの場面でも常にカッコ付けている感じがしてイヤらしい。ヘヤースタイルの違和感、ああ気持ちワル。しかもなんでここでと思うようなところで、裸になって肉体美をさらけ出してるし。バカじゃないこいつ。

そしてもうひとりの主役である若僧。こいつがもっと変。事務方あがりの補充兵として戦車の搭乗員になるんですが、まったくなんの訓練も受けずに戦車兵になれちゃうんでしょうかね、当時のアメリカでは。で、事務屋サンでおまけに超腰抜けの平和主義者ときているもんで銃の引き金も引けず、そのおかげで味方に大損害を出す始末。そのくせ制圧したドイツの街で若いカワイ子ちゃんと知り合うやいなや、実弾装填し即発射しちゃうんです。腰抜けのクセに、人一倍手の早いのには呆れるやら笑えるやら。まあその女も女なんですけどね。マジ笑えるわ。

全画面キャプチャ 20150111 204418

多分この映画の一番の見せどころのはずのタイガー戦車との戦闘シーン。これがショボイ。メーキングフィルムでのスタッフのあの意気込みは何なのって感じ。個人的に特に気になったのは、使っている弾がみんな曳光弾。おまけに戦車の主砲弾もみんな見えちゃう。そして赤オレンジ緑と色鮮やかで、射速も異常に早いのでなんだかジョージ・ルーカスの作る宇宙戦争モノ観ているみたいな気がして来ちゃうんですよね。エンタテインメントとしての映像作りは良いんですけど、あまりにも現実離れしちゃうとまったくシラけちゃいますよ。

終盤のもっとも盛り上がる決戦シーン。もうこれは観るに耐えないシロモノ。どうしてもツジツマ合わない展開からはじまり、ドンパチ始まると、敵のドイツ兵は気の毒なくらいにやられっぱなし。5人対300人ですよ。もちろん5人のほうがアメリカさんで300人のほうがドイツ軍ですよ。しかも激しいスプラッター映画そのもののグロさ。戦争の悲惨さをこの手法でしか描けないとしたら、もうこの監督は映画作る資格なしだと思いますよ。

細かいこと書くとキリが無いくらいなんですが、最後にあの腰抜けスケベ小僧だけが生き残るんですよね。もうこれ????の連続。さらに、ラストでコイツは友軍に「お前は英雄だ!」と称えられるんですよね。なんか後味悪いですこの映画。結局、戦勝国が作る戦争映画ってこんなもんなんでしょうかね。このストーリーがフィクションなのか実話を元にしたものかは知りませんが、少しは感動だとか戦争の愚かさとかを純粋に感じられる作り方をして欲しいものです。ナチスに肩を持つ気はありませんが、この映画をドイツの人が観るとどう感じるのでしょうね。ちょっと気になっちゃう。

ああもっとダメダメなところが気になって仕方ないんですが、あまりにも突っ込みどころ多過ぎて忘れちゃいました。 でもこういう映画ってソンした気分にはならないからイイですよね。 だってこれだけケナして楽しめるんだから^^


スポンサーサイト


こんばんは。 
いいですねー。辛口映画批評。

この映画気になってましてが、観なくても良さそうですね。

最近、観たい!と思う映画がないなぁ。

バンクーバーの朝日もイマイチらしく、行くのをやめちゃいました…。
とむさんへ 
おはようございます。
この映画は最初から絵本とか写真集を見るつもりで出掛けるなら可と言ったレベル。「読み」の部分はまったく中身なしでした^^
観たいなと思う映画は結構次から次へあるんですが、なかなか時間もお金もなくて^^;
『バンクーバー…』はこれも予告編で観ました。関心は湧くものの… TV放映まで待つことにします。

LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード