Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 ビヤンスュール

1/43カーモデル製作人のひとり言

 
Category: 模型製作  

かちかち山

P8300993.jpg

出来上がったシート。

高級家具ソファのようなモケット地を再現するのはどうも上手く行かない。
フワッとした感じが出ず、何と言うかガリガリザラザラな感じ。

私が車に乗るようになったころは大体みんなビニールレザーのシートだった。
もちろん特別な高級車はそうではなかったのだろう。

高級車とは無縁の生活だから、当然シートがビニールであることに違和感はない。
だからそれがことさら安っぽいとも思わなかった。

一部のスポーツカーにはバケットタイプのシートが装備されていたりもした。
やけに小ぶりに見えるそれは、むしろテカテカの黒いビニル地がお似合いだった。

その後、ファブリック(布織物)のシートが大衆車にも使われるようになった。
ビニールレザーを見慣れた目には、それがすごく高級に見えた。

座ってみればその肌触りと、えもいわれぬ温もりを感じられることに大きく感動。
反面、その贅沢な感覚に慣れてしまうのが怖くもある。

いくら大衆車にも広まったとは言え、まだまだそうでない車はたくさんある時代である。
仕事で使う営業車はほぼ100%がビニール製のままである。

最悪なのは冬場の朝である。一旦ファブリックの温もりを覚えた体・・・
氷のように冷えたビニールレザーに座る瞬間、例えようもなく厳しい試練のように思えた。

しかし、もっと悪いのは真夏の炎天下に停めた車だったかもしれない。
灼熱のビニールレザーは、暑いのではなく、もはやヤケドしそうに熱いのである。

物事の進化は人が楽になれることを目指している。
しかしその反面、忍耐力の低下は避けられない道理なのかもしれない。

それはともかく・・・ 新車のビニールレザーの匂い。
臭かったんだけど、懐かしいなぁ^^


スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード