Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 ビヤンスュール

1/43カーモデル製作人のひとり言

 
Category: 模型製作  

大キライ!

P8240918.jpg

クリヤーコートの終わったボディ。

自動車模型を作る工程の中で最も緊張を伴う作業が、ウレタンクリヤーを塗るとき。
この作業の前日あるいは当日の朝、必ず部屋を掃除する。

もともとホコリが嫌いなほうだと思うが、
模型を始めるようになって一段とその性格に磨きが掛かったかもしれない。

クリヤー塗るとき、ホコリや異物の附着にはかなり神経を尖らせている。
言うなれば、「手に汗を握る」ような緊張感でやっている。

ホコリに気を遣ってばかりいると、塗膜の均一性などが疎かになる。
ホコリの次に怖いのがスジ彫りの埋まり。

あ~、とにかくこんなに気疲れする作業は大きらい。

P8240919.jpg

それでもってこの銀という色は、無事クリヤー吹きをやり終えたとしても・・・
なんだか達成感とか満足感に欠けるし。

「きれいになった!」という感じがしないのである。
他の色だと、その点だけは満足感があったりするのに。

まとにかく、クリヤー面のボヨ~ンとした、まるで締まりのない感じ。
これだけはどんな色でも大差ないけど。

P8190887.jpg

さ、気を取り直して、小物の色付けでもしましょか。

ステアリングホイールはその質感表現が難しいからきらい。
とにかく写真とにらめっこしながら頑張るしかない。

でもこれくらいのものなら、失敗だと思えば何度でも簡単にやり直せる。
あ~、そう思うだけでとても気がラク。  結果トシテ、ソク納得^^

気楽にやると意外と失敗なくイケたりするものである。
あ~、やっぱりボディのクリヤーがこの世で一番きらいだ!



スポンサーサイト


 
エヌエフさん こんにちは。

ウレタンクリヤーは筆で塗るのですか?
素人目にはすごく綺麗だと思いますよ。
細い溝を埋めないように塗るのは 至難の業でしょうね。
肩も凝られたでしょう。 お疲れさまでした~ 
petero kさんへ 
こんばんは。
ボディの塗装にはエアブラシと呼ばれる小型の吹き付け器具を使います。
これはクリヤーでもカラーの場合でも同様です。
ジャンルにもよりますが、模型を作られる多くのみなさんが愛用されていると思います。
大変繊細なタッチが得られるので、このエアブラシで絵画を描く人もいるんですよ。スゴイ!

でも子供のころは全部筆で塗ってましたね~。
今思うと、それはそれで勇気があったな、と^^

まとにかく、クリヤーが無事終わるとホッとします^^;

LEAVE
'A'
COMMENT






06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード