Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 ヌキテパ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: 模型製作  

勉強

PC069467.jpg

デカール貼り開始。

このモデルのやりにくい部分の一つが、普段あまり使われることの少ないクロームデカール。
そうメッキ調の例のあれ。

タメオの某マシンのように広い面積をベタッと張る部分が無いので助かる。
つまり今回のヒロではそれをクリヤするために両サイドをSUSのエッチングにしてあるのかも。

とにかくこの手法でこの悪名高きクロムデカールが大幅に回避されたのは大歓迎。
でも実車をより忠実に再現するならば、ほんとはデカールのが良いのかも。

このあたり、それぞれの考え方の問題かな。

PC069470.jpg

ま理屈はともかく、貼って行きましょう。

まずは簡単な部分から。
って、簡単でもないか^^;

こういう細長いヤツ、案外神経遣いますから。

P9198849.jpg

バラバラ別パーツに、切り貼りする部分がやっぱりもっと難しい。
それとこの赤帯、メチャ苦労した。とにかく馴染みが悪い。

PC089472.jpg

それでもなんとかここまで貼れた。

デカール貼り終わるとなんとなく引き締まった感じすること多いのに・・・
これ、なんか落ち着きのない感じに見えたり。

あ! 並べかたか違ってるし^^;

P9088802.jpg

昨日の記事でHADAKINさんからちょっとした質問が・・・

今回は金属素地を生かした仕上げ&塗装仕上げの境目の部分が気になるところ。

そこで、下塗りのサフは?  ・・・さすが目を付けられるところがベテランモデラーさんらしい。

で今回は、普段使っているソフト99のプラサフは全面カット。
その代わりに、無色透明のミッチャクロンをプライマーとして使用。

これはもう数年前にほかのモデラーさんの間で使われていることは知っていた。
でも43の小さな部品にはそこまで必要ないかなと勝手に思い込んでいた。

しかし今回、大量のSUSパーツ。
こりゃ付着力の問題出そうだし・・・

しかもグレーのプラサフ使いたくない理由も出てきたし。
というわけで初挑戦。

この無色プライマーで下地作れば・・・
無塗装と塗装あり部分の塗り分け部分にサフの厚み(塗膜層)で汚す心配を解消。

そしてなにより、このミッチャクロンってすごく強力でかなり信頼がおけそう。
この先、ちょっとクセになりそう^^;


スポンサーサイト


 
ミッチャクロン  初めて知りました
プロの技ですね
ありがとうございました
HADAKINさんへ 
おはようございます。
モデラーのみなさんにはとても便利なものだと思います。
ただ私みたいにちまちま小さなものばかりやってると一生かかっても使い切ることできません^^;

LEAVE
'A'
COMMENT






08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード