Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 ヌキテパ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: 趣味いろいろ  

ノンジャンル

P1279766.jpg

知っていようが知るまいが 好きなものは好き

「好きこそ物の上手なれ」 これ理想論でしょうか


ソチ冬季五輪も開幕し、テレビ画面に釘付けとなる時間が増えそうな予感で若干の恐怖を感じているエヌエフですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

スキーやスケートの走りモノなんてF1絶対速との迫力に比べれば屁でもない、な~んてお考えのF1ファンのみなさまは、冬季五輪なんかよりも、とりあえず『ラッシュ/プライドと友情』という、まさしく垂涎モノの映画の公開に注目されている方も多いことでしょう。

実はこの映画、あるブログ仲間さんのご好意でオンライン試写会をプレゼントして頂き、幸運にも先月に全編を鑑賞することができました。作品に対する感想云々は再度劇場の大スクリーンで観てからにしようと思います。

さて、このブログにご訪問されている多くの方々はこの映画の概ねの内容は既にご存知かと思います。主人公はニキ・ラウダとジェームズ・ハントのふたり。本作ではその人となりは言うに及ばす、当然彼らの駆るマシンの姿も楽しむことが出来ます。

そこで、数少ない我がキットコレクションの中に、この映画に登場する彼らのマシンはなかったっけ、と捜索してみました。ニキ・ラウダのマシンは見付かったのですが、残念ながら描かれた年の翌年のマシンでした。

ラウダが瀕死の重傷を負い、再起をかけた翌年にワールドチャンピオン獲得のマシンFerrari312T2でした。これはこれでメモリアルな一台。持っていてソンはない、と思うことにしましょう。

P1279768-001.jpg

さて、一方のジェームズ・ハントさんの一台は… 確かあったような… う~む、残念ながら持っていませんでした。勘違いして引張り出したマシーンは全く彼とは無関係なMcLaren M28だったんです。

映画に登場するM23とはカラーリングが似ていると言うだけ(有名なタバコ屋さん)で、ハントとは無関係な一台。ああ残念。しかもこのキット、ロイテマンが3着となっただけで(彼も映画の中にチラッと顔が見られたような)、マシンそのものの活躍の度合いだけからすれば少々つまらない存在。

ではなぜエヌエフはこういうキットをコレクションしているのか… それはF1に対して無知だからです^^; 1/43キットという存在を知り、そして興味を持ったのが今から16~7年前。

キットそのものに興味を持っただけで、それで再現する事の出来るマシンそのものにはなんの興味もない。こんなヤツが買いあさるキットですから、特別有名でなくても良い。

購入動機といえば… 内容の割りに安い、色がきれい、昔雑誌か何かで見たことある、なんとなくカッコイイとか、ニキ・ラウダの名前は知っているとか、放出品だ、とかといったこと。

という訳で、ろくろくクルマのこと知らないで、よくもまあ1/43作れるもんですよね。
とにかく今は、もう一度『ラッシュ/プライドと友情』が観たいだけの、困ったモデラーです^^;



スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード