Archive RSS Login

エヌエフ43製作室2017 セフィニ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: らくがき  

初体験

P2237639.jpg

特別な物を手に入れる手段の一つとしてオーダーメイドという方法がある。オーダーという言葉にはどこか特別に上等な響きが感じられるのは当たり前かも知れない。どんな些細な物でもオーダーで手に入れるという事は、ただそれだけで嬉しくなったり優越感さえも感じることが出来るものである。そして、いざその状況に自分の身を置くと、さらに緊張感さえ伴うのが面白い。

P2237607.jpg

まだ20歳になるかならないかのある時、仕事上のあるイベントで「カッターシャツの仕立券」なるものを頂いた事がある。言うまでもなく、これはシャツをオーダーメイドすることが出来るものである。普段からスーツ&ネクタイとはほとんど無縁な生活だし、しかもまだまだ年端も行かない若僧に、その「仕立券」は特別なオーラを放っていたように見えたのは言うまでもなし。

P2237529.jpg

なけなしの休日を利用し、地元名古屋では超有名な老舗百貨店である「松坂屋」へ、気合と緊張感を伴って出掛ける。デパートへの出入りは子供の頃から特別な事ではないとは言え、紳士服売り場で、しかもオーダーシャツのコーナーを探す若僧の姿は、他のお客さんや店員さんから見れば、妙に腰の引けた情け無いヤツに見えたに違いない。そしてそれ以上に、大いに場違いな雰囲気が漂っていたかも知れない。

P2237541.jpg

いくら場違いであろうと、不吊りあいと言おうが、そこは腹を決めてシャツのオーダーに向かっているというもの。そしてまずは生地選びから…極めて短時間のうちに、遠めには薄いブルーに見える細かいピンストライプのブロード地を選ぶ。オーダーだからと言って無理にオトナっぽいものを選ばなければならない事もなかろうに…でも、やっぱり少し無理している感が漂う。ただ、普段着ているポリエステル混の生地とは違い、上質な綿100%はシロウト目にもその質感の良さにビビッと来た。

P2237620.jpg

そして店員さんとのやり取りをしながら採寸となる。各部の寸法を取るのにそれほど時間は掛からない。「首周りはゆったり目にしますか?」 「は、はい、そんな感じで… あ、それと胴回りも緩めにして置いて下さい」  個人的好みで当時はそれがヨイと思っていた。そして、いよいよディテールの注文をする。「フロントパネルを着けて、幅は3センチで」 「背中の中央にはボックスプリーツを…これも3センチで」 「襟はスタンダードカラーの芯抜きに」等々、高校時代に流行った雑誌「メンズクラブ」で覚えただけの、ごく浅い知識を駆使しての注文だった。 ただ、「前のボタンは7つに」の要望に、「申し訳ありません、当店では5つボタンでの仕上がりとなります」と、素っ気なく断られた記憶がある。

P2237645.jpg

こうして自分なりに気合を入れて作ったオーダーメイドのカッターシャツ。糊付けしてきちんとアイロンを掛ければ、やっぱりそれなりにきちんとした物に見える。でもそうしたシチュエーションで実際に何回着たかは殆ど覚えがない。当時の職業柄、作業服の下にネクタイ締めで着ていれば良い方で、それ以外はタンスに仕舞っていた時間が長かったかも知れない。そうこうしているうちに、襟首あたりの汗染みが目立つようになったころ、あえなく処分してしまう事となる。こんなことなら、せめて襟だけでもボタンダウンにして、普段着としてラフに使えるようにして置けば良かったと後悔する。

P2237564.jpg

いくら頂き物とはいえ、当時(今から36年ほども前?)8,000円もしたオーダーメイドのカッターシャツは、その価値が活かしきれずに終わった。仮に今そんなシャツをオーダーするとすれば… いやいや、もう絶対にあり得ないことである。スーツ上下でさえ、吊るしなら1万円以下で買える昨今、その下に着るヤツは「しまむら」や「ユニクロ」で充分。つまりこれ、着る人間の問題。 安いの着てても、少し離れて見ていれば高そうに見えれば良い。とは言うものの、出来の悪いヤツは何を着ても、どうしても安く見えてしまう、かな。

P2237614.jpg

着る物のオーダー経験では、全く「ネコに小判」状態だったが、我が人生で、「オーダー」すると言う事がこれほど楽しく、また価値があるものと実感した物がある。それは「自転車」 だった。長きに渡った自転車という趣味。この話はまたいずれかの機会にするとしよう。間違いなく長くなると思うので^^;


※完成画像の大判は6月1日以降に展示室にて公開予定です
Coming Soon!

スポンサーサイト


 
オーダーメイドの物とは全く縁の無い自分ですが、エヌエフさんの言われている事、良く分かります。オーダーメイドであろうが無かろうが、要はそれを持った時に自分が放つオーラがどうかって事ですね。
ノブさんへ 
おはようございます。
う~む、ちょっとちがうかな。自分自身じゃなくて…そのものが放つオーラかも^^;
 
完成おめでとうございます!まさにエヌエフさんの作品はすべてオーダーかと思いますがどの作品にも拘りを感じます。職人魂でしょうか。このルノーのシャークフィンすごいですね!エヌエフさんの作成されるモデルばかりカッコ良く見えます!
ステータス 
こんにちは。オーダーメイドっていいですよね、なんせワンオフですからね。緊張と不安と期待が交錯するなんとも言えない感じって、よく分かります。私も経験がありますけど、自分の場合予備知識もないままオーダーしたので、ロクに会話にならず(苦笑)何事も勉強ですな(笑)今となっては、いい思い出です。
マサアキさんへ 
こんばんは。どうもご無沙汰でございます。
いやいや、あんまり褒められると調子に乗って木に登っちゃいますよ^^;
でも確かに自分自身で職人っぽい部分はあるような気がしますね。例えば、仕事終わってから酒をあおる、とか…^^
そして、少なからず自分なりの拘りはあると思うのですが、結局どうでも良いことが多いような気がしてます。
今回のシャークフィンは、なかなか上手く行きまして自画自賛です^^;
またよろしくお願い致します。
alchemyさんへ 
ワンオフという言葉は、まさにステータスを感じ、より一層ワクワク感ありますよね。でもおっしゃるように自分自身に、その物に対して相当の拘りと知識がないと、中途半端に終わる危険性もあるって事ですよね。
私はもう一生ワンオフものをオーダーすることないですから、そんな心配も無用かも^^;
 
オーダーメイド、買う前は高いと思いますが、
買って確かめてみると安いと思う。

オーダーの自転車、ぜひ聞かせてください。
YASUさんへ 
おはようございます。
どのジャンルでもオーダーに踏み切るまでに悩む時間が結講楽しかったりします。でもその悩みの最たるものがやっぱり金額。
で、手に入れた後はその金額の高さが嬉しかったりもしますよね^^
そんなことも含めていずれ自転車話もしてみましょかね。

LEAVE
'A'
COMMENT






10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09   11

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード