Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 ヌキテパ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: らくがき  

DIY

P7105249-001.jpg

きょうはこのブログでは珍しく実物のクルマのお話。

クルマとはいえかっこいいレーシングカーやスポーツカーの話ではない。
普段、日常の足として使っている我が愛車ワゴンR君。しかし日常の足という割には、週に一度のお出かけと、月に1~2度くらいしか乗らない。普段のちょっとした買い物は片道20分くらいなら歩くし、それより遠い場合は自転車という手もある。

先週の木曜日のこと、急な買い物に出ようとしたら、時ならぬ雨。まあ梅雨時だから当たり前といえばその通り。で、仕方なく彼のエンジンを掛ける。8年落ちのお古にしては常に快調。普段どおり走り出そうとすると… あれ?何かヘン。ズルズル…?? なんと、左後輪がロックしたまま引きずられているではないか。

ははぁ~ん、ブレーキライニングがくっ着いちゃったわけね。まあこんなのククッとやればすぐにスコンと外れるわな。てなわけで一旦止まった後もう一度スッと出てみる。ガクッ、ズルズル… あれ?バックに入れてみても、ズルズルっ。なんじゃこれ!困るなぁ。

久々にちょっとばかり焦る。こりゃ完全にブレーキライニングがドラムに固着してまったなぁ。この時期ならありがちな事かもしれないが、こんなに頑固なのは初めて。このまま動かないのはマズイ。買い物くらいなら何とかなるけど明日の夕方はどうしてもクルマで出掛けたい事があるし。

少し時間を置いてもう一度トライするも全くビクともせず。ディーラーのサービスに電話して対処方法を聞いてみる。「ドラム叩いてみましょか、プラハンマーかなんかで」「そんなんでイケるかなぁ?」「それしかないっすよ、マズは」「あそうか、くっ着いちゃってりゃドラムも外れんもんな やってみますわ」

そんなこんなで、ひと汗かいてみる。うむ?にっちもさっちも行かんぞ、これ。あまり激しく叩くと鋳物のドラムが壊れそうだし。で、もう一度電話。「は~、ならガスバーナーなんかあります?」「はあ?そんなもんないけど…どうするの?」「いま湿気すごいでしょ。火でドラムあぶって湿気飛ばしてもう一度叩いてみましょか」

「あぶって」って…回転寿司の炙りトロサーモンじゃないでしょに。 炙りなんて、ちょっと怖いけど…とにかくホームセンターへ走って、ガスバーナーと、ちゃんとしたハンマーを購入。こんな事してるうちに、この日は暗くって来たので、ここは準備だけでおしまい。

P7105250-001.jpg

翌日、金曜日の朝からまたひと汗かかなければいけない。も一度ホイール外して、炙る前に再度ハンマーで食らわしてみるも、やはり頑固に動かず。ならばいよいよ、というわけで火あぶりの刑に… ドラムを指で触れて「あちッ!」てくらいまで熱する。そして「カーン、カーン、カーンッ!」と3~4発。あ、なんとなく手ごたえあり。そっとボルトに手を掛けてみると、ドラムはクルクルっと。


「おっ!やった!」って感じ。ちょっと軽いノリのサービスのオニイサン。さすが餅は餅屋って感じであろうか。とにかく治ってホッと一安心。これで今夕のお出かけにも影響なし。 ああ、木曜日に発覚した事に感謝である。

FF式、軽量でATミッションのドラムブレーキ車にお乗りのみなさん。この時期、ブレーキの固着にはご注意ください。
あ、フツーはみなさんこれくらいの事ご存知ですかな^^;


スポンサーサイト


湿気にやられましたね 
ご無沙汰しています。
ブレーキドラムの中に湿気が入りましたね。
前回乗った時に深めの水たまりの中を通過しませんでしたか?
そのままにしておくとドラムの内側とブレーキシューの間に錆が発生してこの様な状態になる事が有ります、普通に雨が降ったくらいではなかなかこの様になる事は無いのですが・・・車検の時にきちんと分解整備をしないとこんな状態になる事も有ります。
さてドラムを叩く場合にはたたく場所が有るのをご存知でしょうか?
こんな場合はドラムの円周部分は絶対に叩いてはいけません。
変形してリアブレーキがロックしやすくなってしまいますし、また軽くブレーキを踏んだ場合にペダルが押し戻される様な踏み応えになりブレーキの微妙なコントロールを難しくいたします。
こんな場合はブレーキドラムの丸い面を叩きます但しスタッドボルトを叩かないように注意して下さい。
バーナーで炙る場合は外周に近い部分を炙ります。中央部にはベアリングが有りましてその中にグリスが有りますからこの部分に熱をくわえるとグリスが流れてしまいベアリングの寿命を短くしてしまいます。
またスタッドボルトは熱を入れてはいけません、焼きが入れて有る可能性が有ります熱が入るとボルト自身が伸びたりネジ切れやすくなります。

通常はバーナーで熱したりしなくてもドラムを叩けば外れますね、私は炙った事無いですけどね。

外れたら少し長めに走ってやる事ですね、ブレーキを使う事でブレーキシューがドラムとこすれて加熱して水分を飛ばしてくれます。バラしてオーバーホールすれば良いのですが最小限少し走っておかないとまた固着する事が有ります。

エヌエフさんの場合は簡単に外れて良かったですね、私もずっと前にロータスヨーロッパに乗っていた時に半年間動かさなかったらガレージの中に置いておいてもこんな風になりまして解除するのに半月くらいかかりましたよ、あの時は高くつきましたね。
 
>Studio_Rossoさん おはようございます。
実はこの数日前、けっこう強い雨の中を走りました。でも特に低速で水溜りには入ってもないんですがね…ポンコツはツラいです^^;
え~、それにですね、このクルマ仮に全損してもヨーロッパの修理代には遠く及びませんのでご心配なく^^
ご丁寧なアドバイス誠にありがとうございましたm-"-m
 
エヌエフさん、こんにちは。

まったく知りませんでした~ 
梅雨の時期には、こんな事が起こりうるのですね。
もし、こんな事になったら、お手上げですが、
ご自分で直されるとは、すごいですね。
発覚したのが、金曜日でなくて、ほんとうに良かったです。
 
>petero kさん こんばんは。
久々にちょっと焦りましたが、ここまでなら自分で何とかなりました^^;
ひょっとするとpetero kさんの車にも起こりうるかも… 
でもJAF呼べばすぐ直してくれると思いますけどね。
今回はほんと木曜日に起きて良かったです。
そして困難に遭遇したことにまず「感謝」する、ということが良く分かった出来事でした。
ほんと、金曜日ならKOで意気消沈^^;
お気遣いありがとうございました。
 
何年か前のスキー帰りで同じように固まって困っていた人でこういう方いました~~

あの手の症状は冬のモノかと思っていましたが・・・今の時期でも発症するんですね・・・・
 
>清四郎さん おはようございます。
あ~、スキー場など厳冬期ですと良く似た症状に陥りますよね。
でもあれは凍結でくっ付いちゃう訳ですが…季節を問わずこういう事あるんですよね。
いずれにしても、注意しないとほんと困った事になりますよね^^;

LEAVE
'A'
COMMENT






08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード