Archive RSS Login

エヌエフ43製作室2017 プランソレイユ

魅惑の世界 1/43ミニカー作り

 
Category: 模型製作  

正しいと思っていた物が信じられなくなったとき

IMG_2613.jpg

容赦のない作業が続く。

困ったことに、疑り深い性格による傷害の大きさは計り知れない。
人の目と言うものは、信じてみたいが信じられない。

はっきり言ってしまおう。
自分の目が一番正しい!

と言うか、モノの形の捉え方なんてのは千差万別当たり前。
最終的には自分を信じるしかない。 (注:模型作りにおいて)

IMG_2616.jpg

私はスクラッチビルダーではない。
単に、既製の43キットを組立てる模型職人である。

従って、自らの感性を100%活かして物を作り上げる事はできない。
もっとはっきり言えば、「他力本願」そのものである。

そんなヤツが、である・・・
他人様の生み出した貴重なボディラインに、容赦なくメスを入れてしまうのである。

もっと言ってしまえば・・・
キットの原型師さんの感性を全否定しているのに等しい。

物を生み出せないくせに、他人の作った物にケチを付ける。
そんな恐れ多いことをしているのである。

IMG_2619.jpg

子供のころ、プラモデルを作っていた。
ヒコーキに戦車、サンダーバード、そして時々クルマ。

その形はすべて正しいものだと思って、素直に作っていた。
正直、「この機首のライン、ちょっと違うんじゃね?」と思うこともあった。

しかし、心の中で思っても、それは「気のせい」だと言い聞かせていた。
タミヤ、レベル、ハセガワ、エアフィックス、今井科学・・・

さらにはオータキ、マルサン、童友社、フジミにニチモ、ましてやモノグラム・・・
ああ、キリがないのでもうやめよう^^

IMG_2626.jpg

そんな立派なプラモメーカーさんの作るプラモキット。
間違いなんてあるはずがない。 あってたまるか。

そういう方向性で、自らの脳ミソを自ら洗脳していたのだ。
それがところが今現在。 どうなっちまった!?

ことごとくである、次から次へである。
向かって来るものすべてである。

全てにケチを付けている。 何がなんでもすんなり受け入れない。
原型作者に盾突く、とんでもない不届き者になり下がってしまったのである。

IMG_2636.jpg

あと何年、模型職人でいられるか。
最後の最後まで、謀反者であり続けてしまうのか。

ああ、あの頃に帰りたい。
プラモの形がすべて正しく見えたあの頃に。


スポンサーサイト


04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03   05

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード