Archive RSS Login

エヌエフ43製作室  2017 セコンフィアンス

1/43カーモデル製作人のひとり言

 
Category: 模型製作  

ジャンルにより違うもの

資料画像001
あまりきれいなものではないので気が引けるが、これは塗装時に部品を支持するクリップである。
何度も使っているうち、このように塗料の「年輪」が出来上がる。
もちろんこれは何ヶ月(何年かも)にも渡り積み重なったものだが、けしてこれ自体が塗装対象物ではないので、パーツそのものはもっと厚く塗料が重なるわけである。
考えてみると、様々な模型の中でも1/43自動車模型というジャンルは他に比べて塗装の厚みが格段に大きいのではないだろうか。
下地調整の為のサーフェイサー、これはキット素材の特性でプラモの場合より厚いだろうし、基本塗装の色も色調や塗り分けの有無により何層も重ねるし、最後はタップリとクリヤーコートである。
飛行機プラモ 003
これは昔(30年以上前)作った1/72の航空機プラモだが、3色迷彩の塗り分けがしてあるにもかかわらず微細な凸スジ彫りも何とか確認できる。自動車模型に比べて明らかに塗膜が薄い事が分かる。

1/43自動車模型の厄介な部分である塗装の厚み。これと戦いながら作業は続く。

スポンサーサイト


10-2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

09   11

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード