Archive RSS Login

エヌエフ43製作室 2016 ジュレェム

1/43カーモデル製作人のひとり言

 
Category: 模型製作  

そんな時代もあったねといつか話せる日は来るか?

IMG_1307.jpg

これを忘れてはいけない。

アクセル、ブレーキ、クラッチ(+足置き場)の各ペダル類。
ハンドルが無くてもクルマは動く。

しかしクルマを動かすには欠かせないのがペダル。
なのに、時代の流れと共に減りつつあるのがペダル。

IMG_1308.jpg

もはや魔法の絨毯(じゅうたん)と化したクルマ。
自動運転なんて不届きな考えのもと、もうペダルよさよならの日も近い(?)

いや、それどころか共にハンドルだってなくなっちまう。
一体全体、自動車ってなに!? 文字通り自動で動く自動車って・・・ コワイ~ (*゚ロ゚)

IMG_1292.jpg

ボンネット(フェンダ)上に着くベンチレーター(?)
ちょっと小細工して取付け方法の改善を図る。

IMG_1303.jpg

昔あったのに今はない物・・・
手動開閉式のベンチレーターだなぁ。

トヨエースにもダイハツオート三輪にも、みんな付いていたよな~。
エアコンとかクーラーとかない時代、天然の風が心地よかったよね~^^

ペダルやハンドル無くす代わりにこういうの残してよ。
せめて三角窓とか^^;



スポンサーサイト


Category: 模型製作  

ララララララララ~

IMG_1278-001.jpg

各キャップ類は準備完了。

旋盤などと言う高等ツールは持ち合わせていない。
従って手で削り出すことになる。

「あ~ッ!」とか「ウワッ!」とか・・・
思わず声なんか出しながらやってる。

無意識のうちに心の内側から出てくる叫び声・・・ 
こんなの、よその人に聞かれたらハズカシイわ^^;

IMG_1282.jpg

そんなこんなで所定の位置へ取付け終わる。
何とか想定いしていた通りに納まる。

IMG_1279.jpg

やっぱりいつものことながら表側の顔とは裏腹。
内側の様子は・・・ 汚れた心の内面そのもの。

人は成長するにつれてどんどん裏側が汚れて行く。
あんなに清らからった少年時代の心。

裏も表もなかったあのころ。
ああ、これ以上汚れてしまったらどうしよう。

IMG_1286.jpg

やっぱり表の顔だけでも、善良を装うに限る。
裏側の汚さなんて・・・ あえて見せないようにすればイイんだ。

しょせん人間社会なんてそんなもの。
ああ、人間なんて・・・

『人間なんて』  吉田拓郎





Category: 模型製作  

染み出てしまうもの

IMG_1269.jpg

下準備の重要性。

メーターパネルを取り付けるための下地組み。
こんなのご覧に入れるのとても恥ずかしい^^;

分かっちゃいるけどなかなかやれてない、いつも^^;
今ごろ何やってるの? って感じ。

第一に見た目がとても汚らしい。
ああ、これぞ我が人生そのもの。

IMG_1270.jpg

でも、こうしておけばもういつでも取付けOKだ。
体裁よりも中味本位。

終わり良ければ総て良し。
これぞ我が生き様^^;

IMG_1274.jpg

アルミパイプやアクリル棒を削り出す。
はっきり言って・・・ ダサいやり方。

IMG_1276.jpg

これでとにかくひとまず出来上がり。
ああやっぱり準備は大切だ。

模型なんて・・・ 結局だれが作ったって同じはず。
いや、同じじゃなきゃいけない。だってスケールモデルなんだから^^;

でも、作り手によってなぜか違いが出る(?)
そこには哀愁とか・・・ 郷愁とか・・・滲み出てしまう。

簡単な言葉では言い表せない何かがある。 それは・・・ 
これまでの生い立ちのせいか、それとも人生観なのか。





Category: 模型製作  

存続

IMG_1248.jpg

前々から気になっていたこれ。

このキットのDNAを証明できる唯一の部分。
そこに1500個の限定品と言うようなことが刻まれているのが気になった。

これはもう残すべき必要を感じずに居られなくなった。
さて、どう残すか・・・

IMG_1249.jpg

そこはやはりオリジナルに近い形で。
とにかくまずは切り抜く。 

この時点でオリジナルの頑丈なシャシはスクラップと化した。
本当はこれも大切なDNAだったのにね^^

IMG_1255.jpg

そして何も無かったかのように移植完了。
これを残さずしてこのキット本来の完成はない。(大げさでスミマセン^^;)

IMG_1257.jpg

殆どの方に受け入れられそうもない事にうつつを抜かす・・・
そんなヒマがあるならどんどん作れ!

シャシに色も着いたところでいよいよ組立て工程へ。
ここからまたまたリハーサル工程に時間を費やすのか。

オリジナルは世界中で1500個のみ。
このキットのDNAを存分に感じながら^^




Category: 模型製作  

生涯学習宣言

IMG_1219-001.jpg

磨き仕上げ完了、と思いきや。

念入りに最後の研磨を終え、水洗いを済ませると・・・
原因不明のアバタ発覚。

僅かな凹みだが、心は大きく凹んだ。
少々大袈裟ではあるが、原因が良く解っていないだけに気になる。

IMG_1220-001.jpg

とにかくまずは治して見るしかない。
ペーパーを当てて再研磨開始。

こうして見ると良く解る。
やっぱり気のせいではなかった^^;

IMG_1223-001.jpg

とにかくコンパウンドで磨き上げる。
そして何事もなかったように^^

IMG_1245.jpg

そして、ようやくボディ仕上げが終わる。
長く退屈な日々。

そして最後にダメ押しされたり・・・
いや、これが最後とも限らない。

IMG_1247.jpg

ずっと同じことやってて、もう大体解っているつもり。
しかし、まだまだ解らん事も起きる。

キットのこと、材料のこと、塗料のこと、実車のこと・・・
あと何回勉強することになるだろう。

そして、模型作りに卒業式はないのだ。

『卒業』     尾崎豊







09-2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

08   10

プロフィール

エヌエフ

Author:エヌエフ
クルマやモータースポーツにはまるで弱いのに、マニア向けのミニチュアカー作りを生業とする、チョッと変わった人生を送っています。
なぜか自転車好きでこちらの方面では、今でも熱く語ります。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード